足指の付け根の痛み(中足骨骨頭痛)  テーピングの方法をご紹介

症例・症状足の痛み下半身

足の裏が痛くなる症状は、いくつかあります。
『中足骨骨頭痛』は、そのなかの一つで、足の指の付け根あたりに痛みが出ます。

 

この痛みの原因や、セルフケアの方法などをまとめてみました。

 

 

 

原因は『横アーチ』の低下

足の裏の痛みということで、『足底筋膜炎』じゃないかと間違う方もいらっしゃいます。

ですが、足底筋膜炎とは、痛みがおこる原因が違いますし、対処の仕方も異なります。

 

 

足の裏の痛み(足底筋膜炎) 原因&セルフマッサージ の記事はこちら

 

 

 

この痛みの原因は、ズバリ、横アーチの低下です。

 

 

横アーチってなに?

横アーチってなに?っていう方のために、簡単に説明しますね。

 

足にはアーチが3本あります。

一番有名なのが『内側縦アーチ

つまり、土踏まずです。

これは親指側~踵にむかってのアーチです。

 

同様に、『外側縦アーチ』というのもあります。

これは、小指側~踵に向かってのアーチ。

(土踏まずよりも低いので、あまり認識されていませんが)

 

 

もう一つが、今回のポイントになる『横アーチ』です。

これは、上の図の赤いところにあります。

親指~小指に向かって、横にアーチが存在しています。

 

アーチが低下する誘因とは

これらのアーチは、普段履いている靴や、年齢、遺伝などの影響をうけて低下してくることがあります。

そして、そのアーチの低下が、痛みにつながります。

 

また、普段はアーチが低下していない方でも、ウルトラマラソンなど長距離を走ることで、低下がみられることもあります

 

100キロを走るようなウルトラマラソンなどでは、足にかかる衝撃・負担が通常では考えられないものです。

そのため、アーチを作っている足の靭帯が緩んできて、アーチの低下が起こることもあります。

 

アーチがあることで、歩いたり、走った時の衝撃を逃がしてくれています。

ですが、アーチの低下はその機能が弱くなります。

それによって、足に負担がかかり、痛みにつながります。

 

おすすめのテーピング方法

 

足の裏に痛みがでたら、テーピングをして、アーチを補強することが大切です。

テーピングの方法をご紹介しますね。

その名も『8の字テーピング』

 

使うのはキネシオテープというテーピング。

伸縮性のあるものであれば、他のものでも構いません。

 

 

①足の甲の親指側から小指側に向かって引っ張ります。

 

②写真のように、小指側から親指に向かって引っ張ります。

 

 

③足の甲を小指側を通り、かかとの内側へ向かいます。

 

④かかとの内側から外側へまわり、親指に向かいます。

 

⑤足の甲の小指までくれば、ハサミで切って完成です!!

 

 

 

足の裏で『8の字』になっていれば成功です。

これでアーチの補助になります。

 

動画では、親指からの巻き方を紹介しています。

 

どっちなの?と思いますよね。

 

外反母趾が強い方は親指からスタート

内反小趾が強い方は小指からスタート

 

と思ってください。

 

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

足の裏の痛み(足底筋膜炎) 原因&セルフマッサージ

 

靴 かかと(外側)が減りやすい人の歩き方