足の裏の痛み(足底筋膜炎) 原因&セルフマッサージ

症例・症状ブログ

『足の裏の痛み』の代表的な一つが、この足底筋膜炎。

歩くと痛みが出ることが多く、なかなか治りづらい症状です。

 

でも、正しい知識と的確なケアをすれば、必ずよくなります。

 

ここで、ほんとうの原因と治療ポイント、セルフケアの方法まで解説します。

これを最後まで読んでいただければ、足底筋膜炎の痛みを、自分でも和らげることができると思います。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎は、足の裏の筋肉に対して、過度な負担が繰り返されたときにおこる痛みです。

その多くは写真の赤丸のあたりに出ます。

本当の原因は『歩き方』

 

よく、原因は偏平足だといわれます。

しかし、それは要因のひとつに過ぎません。

 

本当の原因、それは『歩き方』です。

 

足底筋膜炎になる方に特徴的なのは

 

 

歩く時『足の指に力が入っている』です。

この歩き方が、足の筋肉に負担をかけ、痛みを引き起こしています。

 

 

歩くときに足の指に力が入る

『歩くとき、足の指に力が入る』と、足底筋膜炎につながります。

 

本来、歩く時に足の指に力を入れる必要がありません。

ですが、指にグッと力が入ってしまう方がいます。

足の指でグッグッと地面をかむような動作です。

 

そもそも、こういう歩き方をすると、足の裏や、膝から下の筋肉が疲れやすくなります。

デパートで買い物なんかしてると、足の裏が疲れるのよ~っていう方は、この足の指に力が入っているためです。

 

 

指にグッと力が入ると、足の指の筋肉は縮もうとします。

そのタイミングで、かかとが上がると、縮もうとした足の指の筋肉が無理やり伸ばされます。

 

これが、痛める原因となります。

 

 

おすすめのセルフケア

ふくらはぎの筋肉をマッサージ

『足底筋膜だから、足裏をマッサージすればいいんでしょ』って思いがちですが、それではなかなか良くなりません。

 

足の裏とふくらはぎの筋肉は【筋膜】という組織でつながっています。

ですから、ふくらはぎの筋肉からほぐしていきましょう!!

 

 

ふくらはぎの筋肉をほぐすいい方法をご紹介します。

まず、タオルケットを丸めます。

 

それを、正座した脚の間に挟みます。

すると、体重の重みで、ふくらはぎの筋肉が圧迫されほぐれていきます。

これでは、物足りないという方には、こちらをご紹介。

 

足の甲を使って、ふくらはぎをほぐす方法です。

 

こんなふうに、足を重ねて正座をします。

すると、下になった方のアキレス腱が、しっかりほぐされます。

 

イターッ(>_<)っていう場合は、体重のかけ方で調節してくださいね。

 

足の裏のマッサージ

ふくらはぎの筋肉のマッサージができたら、いよいよ足裏のマッサージです。

足の裏は、テニスボールを使ってほぐしましょう。

 

立って、テニスボールを踏んでください。

コロコロするよりは、グーッと踏みつける感じです。

 

ちなみに、痛みのある時に、ゴルフボールでは刺激が強すぎると思います。

もしゴルフボールでやる場合は、タオルでくるむなどして、柔らかさをだしてください。

強すぎる刺激は、ゆるむどころか、返って痛めてします。

 

 

正しい歩き方をマスターしよう

せっかくマッサージをして筋肉をほぐしていても、その原因である歩き方を変えなければ、いつまでたっても良くなりません。

ぜひ、負担のない歩き方をマスターしましょう!!

 

足の指の力を抜く意識

この『指の力を抜く』というのが、意外と難しい。

ですが、これが一番大切です。

 

これを実感していただく方法をご紹介します。

写真のようにしゃがんでみてください。

すると、足の指が反りますよね。

 

歩くときにも、この状態が作れれば、指に力が入りにくくなります。

こういうことです。

 

はじめは慣れないと思いますが、やる価値はありますよ。

 

また、歩き方について詳しく知りたい方は↓の記事を参考にしてください。

 

 

足指の付け根の痛み(中足骨骨頭痛)  テーピングの方法をご紹介

靴 かかと(外側)が減りやすい人の歩き方