【肋間神経痛】脇から胸にかけてピリピリ痛い

症例・症状肋間神経痛背中・腰

 

先日来られた男性の症状です。

 

 

2週間ほど前から症状が出ているようです。

 

 

最初は背中に痛みを感じていましたが、湿布を貼ったりしているうちに、その痛みは落ち着いてきました。

 

 

すると、代わりに、右の脇から胸にかけてピリピリとした強い痛みが出てきました。

 

 

何もしていなくても痛く、ここ数日は痛みで寝れないほど。

 

 

この日も来院時には、痛みのため、脇のあたりを押さえるようにしていました。

 

 

 

 

 

この場合、背中の歪みが原因となる『肋間神経痛』が考えられます。

 

 

肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経が痛むことによる症状です。

 

 

同じような症状で『帯状疱疹』も考えられますが、その際には痛みの場所に発疹がみられるため、今回は違います。

 

 

 

 

 

確認すると、最初に痛みを感じた背骨のあたり(胸椎の7番と8番)で歪みが出ています。

 

 

ここに歪みがあると、そこから出る神経(肋間神経)に影響を及ぼし、神経痛になります。

 

 

 

 

 

今回は、右の背中を中心に指圧をしたあとで、整体で背骨の歪みを治しました。

 

 

 

 

 

すると、施術後には、ほとんど痛みを感じなくなりました。

 

 

 

 

 

お話を伺うと、どうやら寝っころがってゲームをしていたのが原因のようです。

 

 

その後から痛くなったとおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

『そんなことで?』と思われるかもしれませんが、偏った姿勢を、一定時間続けることは、歪みや痛みに直結します。

 

 

心当たりのある方、気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

その後、数日しても痛みは出ていないようです。

 

 

ですが、姿勢は気を付けていただくようにお願いしておきました。

 

 

肋間神経痛の治し方