足首の捻挫  治療の仕方

症例・症状足の痛み捻挫下半身

 

昨日に続いて、足首の捻挫について。

 

本日は、治療院での施術方法についてご紹介します。

 

 

 

捻挫をした直後や、炎症が強い場合は、アイシングを優先させます。

 

患部を刺激すると、炎症が広がる恐れがあるので、注意が必要です。

 

 

その場合、足首の動きを抑えるテーピングなどで対応します。

 

 

 

数日して、炎症が治まってきたら、施術に入ります

 

 

どこが痛いか、どの動きで痛みが出るかを確認します。

 

 

治療のポイントを見つけるために、この確認が大切です。

 

 

 

炎症が無くなっても、痛みが続くことがよくあります。

 

 

中には、一か月経ってもまだ痛いという方もいらっしゃいます。

 

 

この場合、痛みの原因は硬くなった筋肉です。

 

 

 

捻挫をした後は、痛みをかばうために、足首を固めて動くようになります。

 

そうすると、膝から下の筋肉は硬くなります

 

 

そのため、今度は炎症が無くなっても、足首を動かそうとするときに痛みを伴うのです。

 

 

後脛骨筋長ヒ骨筋など、原因となる筋肉をマッサージしてほぐすことで、動きは良くなり、痛みも無くなります。

 

 

 

足首の動きが良くなれば、次は歩行が正しくできるように、骨盤の歪みなどを整えます。

 

 

 

ここまでいけば、捻挫の治療は終了です。

 

 

 

 

捻挫は、炎症が無くなると痛みがとれるケースも多いですが、関節のズレはそのまま残ります

 

 

捻挫を繰り返さないためには、治療することが大切です。