足首の捻挫  自分でできる応急処置

症例・症状足の痛み捻挫下半身

 

本日は、捻挫について。

 

 

今までに、足首の捻挫をされた方も、多いのではないでしょうか?

 

 

捻挫にも程度がありますが、多くは腫れてきて、動かすと痛みを感じます

 

これは、炎症がおきている証拠です。

 

ちなみに、炎症が起こると、赤く腫れ上がったり熱を持ったり触ると痛かったりもします

 

 

 

この場合、まずは安静にし、冷やすこと(アイシング)が先決です。

 

 

できれば、横になって、足を心臓の位置よりも高くしてください。

 

 

 

冷やすのは、アイスノンが最適です。

 

痛みのあるところを中心に、15~20分ほど冷やしてください。しばらくすると、感覚が無くなってくると思います。

 

その後、20分ほど休憩したら、また、15~20分ほど冷やします

 

これを、3~4回繰り返します

 

 

 

この早期の対応が回復に、大きく影響しますから、ぜひ実行してください。

 

 

 

この日は軽いシャワーだけにして、湯船には浸からないでください

 

熱が加わると、炎症が広がり、痛みが強くなります。

 

 

シャワーの後も、アイシングを忘れないでくださいね。

 

 

 

 

稀なケースですが、捻挫した時に、骨折している場合もあります。

 

高い所から飛び降りた際の捻挫では、十分ありえます。

 

 

 

痛みが強い場合は、整形外科の受診をお願いしています。

 

 

 

 

本日は、捻挫した際の、応急処置についてお話しました。

 

次回は、その後の対応についてです。