膝の痛み 『膝に水がたまった時はどうするの?』

症例・症状ブログ

膝に水がたまった場合の治療方法

先日来院された60代男性。

 

学生時代に部活動で、膝を痛めた経験があります。

膝の関節にとって大切な、内側側副靭帯半月板を損傷しています。

 

 

それ以来、気圧の変化で膝に痛みや違和感を感じたりしています。

天気予報なんか見なくても、明日が雨かどうかわかるんだそう。

 

先日来られた時は、膝に水が溜まっていました。

 

反対の膝と比べると、明らかに腫れぼったくなっています。

以前、同様の腫れぼったい状態のときは、病院で水を抜いたこともあるようです。

 

 

1週間ほど前に、立ち上がる際、ズキッと膝に痛みが出ました。

それから、腫れぼったさも出てきたようです。

 

湿布を貼って、無理をしないようにしていたら、腫れぼったさは少し減ってきました。

 

腫れぼったさはありますが、熱感などはありませんでした。

(もし、熱感があるようだと、炎症が強いので、まず炎症を抑える必要があります。)

 

 

この日も、膝に痛みは出ており、膝を曲げていく動作も、膝を伸ばしきる動作も最後までできません。

 

痛みの場所が、膝のお皿の下のちょっと外側です。

腫れぼったい感じも、このあたりに出ています。

 

 

水がたまったような状態でも、熱感がなければ、施術をすることで痛みは改善します。

 

腓骨の動きの改善

今回のポイントは、腓骨です。

すねの骨は、脛骨と腓骨の2本で成り立っています。

 

体重を支える役割をしているのが脛骨。

そのため、脛骨は太い骨です。

 

一方の腓骨は、クッションの役割を果たします。

足首の動きに連動して動きます。

その動きは数ミリと少しですが、その『少し』がとっても大切です。

 

この腓骨の周辺にも筋肉があるわけですが、それらの筋肉が硬くなってしまったことで、腓骨が正しく働いてくれていませんでした。

 

そのため、膝の曲げる動作で、膝に痛みを出していました。

 

この腓骨の動きが正しくできるようになると、膝を曲げる動作は、まったく痛くなくなりました。

 

踵(かかと)の調整

この段階では、まだ膝を伸ばしきる動作は、痛みが残っています。

 

膝を伸ばしきる動作が改善したポイントは、踵(かかと)です。

 

長年の癖の影響で、立った時に、体重が外側にのっています。

親指側ではなく、小指側ですね。

 

その方が立ちやすい原因は、いくつかあります。

 

踵(かかと)もその一つです。

 

それを調整してあげると、伸ばしたときの膝の痛みもなくなりました。

 

膝の痛みの予防方法

 

関節にとって、靭帯や半月板は、とても重要な役割を果たしています。

それらを、損傷すると、やはりトラブルが起きやすくなります。

 

そのトラブルを防ぐ方法は2つ。

 

太ももの筋力をつける

①太ももの筋力を落とさない(筋力をつける)

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)、太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)が膝の関節の負担を減らしてくれます。

 

足首や股関節など膝以外の関節の状態を良くする

②足首や腓骨、股関節など、膝以外の関節の状態を良くする。

今回の方もそうですが、膝の負担を減らすためには、足首や股関節などの動きを良くしてあげることが大切です。

 

 

 

今回の方も、膝に水がたまった状態ですが、治療後は痛みはなくなり、スッキリしていただきました。

おそらく、膝の腫れぼったい感じも、徐々に落ち着いてくると思います。

 

逆に、整形外科などで、水を抜くだけの処置では、膝への負担が減っていないので、また水が溜まってくると思います。

 

水が溜まっていても、大丈夫!

テソラ治療院で、しっかり対応させていただきます。

 

膝の痛み 変形性膝関節症の治療