足の裏の痛み アキレス腱が原因のケース

症例・症状ブログ

足の裏が痛いという60代の女性。

歩く時に痛みを感じるということでした。

 

足の裏にタコや魚の目も見当たらず、足の裏を押しても痛みはありません。

 

筋肉や関節の可動域をチェックしていくと、

ふくらはぎの筋肉がガッチガチに硬くなっています。

 

足底筋膜炎などの症状を改善する時も、ふくらはぎの筋肉はしっかりゆるめます。

ふくらはぎと足の裏は筋膜でつながっているからです。

 

今回も、まずはふくらはぎの筋肉をしっかりほぐしていきました。

 

それに加え、足の裏の硬さもほぐしていきます。

 

時間がかかりましたが、柔らかさが出てきました。

そこで、痛みを確認してもらいました。

少し楽になったようですが、まだ痛みが残っています。

 

この日は、この施術で様子をみていただきました。

 

 

 

別の日の施術では、アキレス腱にアプローチしました。

 

実はこの方、40代の頃にアキレス腱を断裂しており、再建手術をしています。

テニスをしていて、アキレス腱がブチッと切れたようです。

 

手術後、またテニスを再開したところ、今度はもう一方のアキレス腱も断裂しました。

 

なんと、両方です( ゚Д゚)

 

 

手術をしたこともあり、アキレス腱が肥厚して硬くなっています。

 

アキレス腱のケガは、20年も前のこと。

そして、足の痛みはここ最近。

 

そのため、最初は、二つを関連付けてはいませんでした。

ですが、ふくらはぎの筋肉をほぐすだけでは、改善の幅が小さかったので、アキレス腱にもアプローチしました。

 

すると、今までの痛みがずいぶん楽になりました。

 

その後、数回施術を重ねると、足の裏の痛みが出なくなってきました。

 

以前は、ゴルフをしても、歩くのが痛くて楽しめなかったのが、

今では、歩くのも気にせずゴルフができています。

 

今回のように、ずっ~と前のケガでも、からだに影響出すんですよね。

改めて実感しました。

 

 

足の裏の痛み(足底筋膜炎) 原因&セルフマッサージ