フルスクワットを始めたら、3日で膝に痛み

ブログ

【名古屋市本山の整体 テソラ治療院】

 

最近は、テレビでエクササイズを紹介する番組をよくやっています。

それを参考に、やってみる方も多いと思います。

 

でも、これには落とし穴が。

 

ここでは、代表的な落とし穴を3つご紹介します。

 

負荷が大きすぎる

1つ目。

テレビで紹介されたエクササイズの内容が、あなたにとって適切ではないかもしれません。

 

もし、あなたが運動不足だったとします。

その場合、当然、筋力も筋持久力も十分ではありません。

 

でも、テレビに出てくる有名トレーナーは、そんな個々の状況まで把握できません。

それよりも、少しでもテレビうけする、ちょっと目新しいことをやりますよね。

 

で、やってみたら、あなたにとっては負荷が大きすぎて、どこかが痛くなるっていうことは意外とよくあります。

 

鍛えるべきポイントが違う

2つ目。

本当に、あなたが鍛えるべきところはどこでしょう。

これは、みんなが同じとは限りません。

 

肩甲骨背中側の筋肉を鍛えた方がいい方もいます。

お尻太ももの後ろを鍛えた方がいい方もいます。

 

基本的には、あなたの弱いところ、あなたが普段の生活の中で、使えていないところを中心に鍛えていく必要があります。

 

それを意識しないと、せっかくのエクササイズがケガにつながります。

 

正しくできていない

3つ目。

そもそも、ちゃんとできていないっていうことも。

一度見た動作を、正しくできるという人の方が少数派でしょう。

 

見慣れたスクワットとかならまだしも、ちょっと変わった動きとなると、なかなかうまくできません。

 

でも。自己流でやっていても、だれも注意してくれません。

さらに、日が経つにつれて、記憶があいまいになってきて、さらにフォームが無茶苦茶になることも。

 

フォームの崩れが原因で、身体を痛めることも少なくありません。

 

【症例】フルスクワットで膝に痛み

先日、来院された方も、テレビでやっていたエクササイズを取り入れて、痛みが出ました。

 

もともと普段からスクワットをする習慣がある方です。

そんな方ですが、テレビで観たフルスクワット(完全にしゃがみ込むスクワット)をやりはじめたら、3日で膝に痛みが。

 

いつもやっているハーフスクワット(膝が地面と水平になるところでとめるスクワット)とは、筋肉の負荷のかかり方が違います。

 

太ももの前の筋肉に大きな負荷がかかったんですね。

 

フルスクワットには、股関節の柔軟性なども関係してきます。

ですから、そもそも正しいフォームでやることが難しいんです。

 

それを、自己流ですから、良くないですね。

 

テレビで有名トレーナーがやっていることでも、あなたにとってベストとは限りません。

気をつけてやりましょうね。