ジョギングをすると『すね』が疲れる

症例・症状足の痛み膝痛下半身

 

今回は台風の被害も少なかったようで、一安心です。

 

 

でも、これから一気に冷え込んできそうですね。

 

 

 

 

 

そして、これからの季節、マラソン大会に向けて走る方が今までよりも増えてきますね。

 

 

 

 

 

運動することはとってもいいことですが、そのことで足・膝・股関節に痛みや違和感が出てくることもあります。

 

 

せっかく走り始めたのに、痛みが原因で走れなくなるのは非常に残念です(>_<)

 

 

ですから、よくある症状・トラブルと、その対処法・治療法をここでご紹介して行きます。

 

 

参考にして、あなたの目標を達成しましょう!!

 

 

 

 

 

まずは、走ると『すね』が張ってくるというケース。

 

 

 

 

 

最初だけすねが張るが、しばらく走っていると感じなくなるという方もいれば、片側のすねだけが疲れるという方もいらしゃいます。

 

 

 

 

 

こういう症状が出る方の特徴は、

 

 

普段の歩くときに、靴のかかとが減りやすい。

 

 

裸足で歩くと、かかとの音がうるさい。

 

 

立っていても後ろ重心になる。

 

 

などです。

 

 

 

 

 

こういう方は、地面をうまく蹴れない走り方になっています。

 

 

 

 

 

しばらく走っていると気にならなくなる方は、スピードにのってくると、重心移動がスムーズになり、自然に地面を蹴れているからです。

 

 

 

 

 

対処法ですが、これは足の裏の感覚がポイントになります。

 

 

足の裏のどこで、地面を蹴るかの意識付けが大切です。

 

 

 

 

 

写真のようにかかとを上げてしゃがんでみてください。

 

 

 

すると、指の付け根あたり(足の前方)が地面についてますよね。

 

 

 

 

 

このまましばらくジッとしていてください。(20秒くらい)

 

 

 

 

 

 

その地面に接している感覚を残したまま、まずは歩きましょう!

 

 

 

先ほどの、地面に接していた部分で地面を蹴ります。

 

 

 

 

 

すると、自然に重心が前にいくはずです。

 

 

 

 

 

これを走る時にもイメージしてください。

 

 

慣れてくれば、すねの疲れも改善されるはずです。