長時間立っていると腰が痛い 原因とは

症例・症状腰痛・ぎっくり腰下半身

長い時間立ちっぱなしでいると、腰が痛くなってくることってありますよね。

その原因と、負担の少ない立ち方についてまとめました。

 

立ちっぱなしで腰が痛くなる原因とは

同じように、長い時間立っていても、腰が痛くなる人と、そうでない人がいます。

では、痛くなる人は何が原因か。

 

それは、『立ち方』です。

 

普段、自分の立ち方って意識しませんよね。

鏡で全身を見る時でも、正面からしか見ませんから。

 

ですから、一度、横からの姿をチェックしてみてください。

鏡がないわ~っていう方は、ガラスに反射する姿を見てくださいね。

 

負担のかかる立ち方

腰に負担のかかる立ち方の代表例はこんな感じ。

 

骨盤がグーッと前に出ています。

そのため、背中は丸くなり、肩も内側に巻き込んでいます。

 

これでは、完全にお腹の筋肉がお休みしており、腰の負担が増えちゃいます。

 

さらに、見た目も最悪。

最近、お腹が出てきたな~って感じてきた方。

この立ち方をすると、より一層、お腹が出て見えます。

 

あとは、こんな方も。

 

いわゆる『そり腰』ってやつです。

一見、姿勢が良さそうですが、これはこれで、腰に負担がかかります。

 

理想の立ち方

では、理想の立ち方とはどんな感じかというと。

肩と足首(くるぶしの少し前あたり)を線で結んだとします。

その線上に、骨盤がきていてほしいですね。

 

このいい姿勢、けっして楽ではありません。

意識しないと、また、今までの楽な姿勢に戻ります。

 

でも、その楽な姿勢をしていると、また、腰が痛くなるのは間違いないです。

 

施術で姿勢の改善

『いい姿勢をつくろうとしても、なかなかうまくできない』とか

『すぐ疲れちゃう』ということがあります。

 

それは、長年の影響で、関節や筋肉も硬くなり、良い姿勢を作るのを邪魔してるんです。

 

ですから、良い姿勢を作りやすくするための身体づくりが必要です。

 

テソラ治療院の施術では、身体の関節や筋肉の硬さをリセットすることで、理想の姿勢を作りやすくしていきます。

 

それ以前に、『良い姿勢がどんなかんじか分からない』とか

いい姿勢を作ったつもりが、完全に【オードリーの春日】ってこともあります。

 

猫背を治したいけど、どうすればいいかわからない。

反り腰を治したい。

そもそも、私の姿勢ってどうなの?

 

など、姿勢の改善にお悩みの方も、テソラ治療院にご連絡くださいね。

お手伝いいたします。

 

まとめ

立っていて腰が痛くなる原因の多くは、立ち方にあります。

 

まずは、自分の普段の立ち方がどんな感じか把握しましょう。

そして、理想的な立ち方とは、どんな立ち方なのかを、鏡を見ながら、やってみましょう。

 

あとは、普段からそれを意識していくことです。

 

ときどき、電車のなかや、ショッピングの時など、ガラスを利用して、自分の姿を抜き打ちチェックしてください。

 

ついつい、今までの楽な立ち方になりがちです。

でも、その意識の積み重ねが大切!

 

今日から、やってみてください。

 

 

前にかがむと腰が痛い 原因とは