小麦類を食べるとげっぷと胸やけがする

症例・症状ブログ

テソラ治療院では、アレルギー・過敏症でお悩みの方に対して、症状緩和の施術を行なっています。

 

大学生の男の子の症例です。

 

昔から、パンやパスタなどの小麦類を食べると、げっぷと胸やけがひどく、気持ち悪くなるということでした。

 

パンやパスタ以外にもいろいろあるようです。

 

パン × 

パスタ ×

うどん △

ドレッシングをかけたサラダ ×

スクランブルエッグ ×

フレンチトースト ××

 

けっこうありますね(-_-;)

 

 

施術では、まずはチェックしていきます。

これらの食べ物の何に反応しているのか、原材料を一つずつ調べます。

 

すると、「小麦」はもちろん、「イースト」「脂肪(バターなど)」「」「」「」に反応して、胸やけやげっぷの症状が出ているようでした。

 

これらに対して、『身体が敵だー』と間違った認識をしてしまっています。

そのため、これらが体内に入ってくると、何らかの身体症状が出ます。

 

この方の場合は、げっぷと胸やけの症状として表れています。

 

一般的には、こういう場合、極力食べないようにするしかありません。

しかし、当院で行うアラテックセラピーでは、その間違った反応をリセットできます。

施術を行うことで、小麦類のものを食べても、症状が出なくなります。

 

この方にも、施術をさせていただきました。

5回の施術が終わった段階で、パンやパスタを食べてもらいました。

すると、げっぷや気持ち悪さの症状が半分以下になりました。

 

さらに、もう一回施術をし、合計で6回の施術をしました。

これで、一旦様子を見ていただくことにしました。

 

もともと、この方のお母さまは、オイルマッサージの施術で定期的に来ていただいています。

その後の息子さんの状態をお聞きしたところ、

その後は特に気持ち悪くなったりすることはないそうです。

 

そして、さらに半年以上経った今、

息子さんがびっくりするぐらいとても食べるようになったと喜んでいました。

 

昔から、食が細くて、

あまり食べない、

食べてもすぐにゲップが出て気持ち悪くなっていた感じだったから、

栄養面が本当に心配だったと。

 

上記の食べ物に過敏症を起こしていたら、何を食べても身体の調子が悪くなるのが想像できますよね。

これを聞いて私も本当にうれしかったですし、安心しました。

 

 

こちらで行うアラテックセラピーは、食べ物アレルギーの症状に関しては、とても効果が高いです。

24時間後以降に食べてみれば結果が分かるので、その点もとても分かりやすいですね。

 

アナフィラキシーと診断されていない食べ物のみになりますが、

好きなものを我慢しなくてよいのはとてもうれしいことです。

 

悩んでいる方は、是非一度ご来院いただきたいと思います。

 

生卵アレルギーを改善