繰り返すぎっくり腰・腰痛

症例・症状ブログ

今まで、何度もぎっくり腰になっているっていう方、結構多いですよね。

 

先日、ご紹介で来院された女性も、繰り返しぎっくり腰になっているようでした。

しかも、年に数回という時もあるようで、なかなかの重症具合。

 

普段はアメリカに住んでいる方で、月に一度はカイロプラクティックに通ってメンテナンスされているようです。

 

ウォーキングをしたり、身体のメンテナンスに通ったりして、体への意識は高いのですが、それでも腰痛やぎっくり腰を繰り返しています。

 

それ、どうしてだと思います?

 

それは、大切なことを知らなかったからです。

 

その大切なこととは、疲労して硬くなった筋肉をほぐすことです。

 

この方、看護師さんで、仕事もやっぱりハード。

当然、酷使する特定の筋肉は疲労します

 

特に、お尻の筋肉と太ももの筋肉がガッチガチでした。

 

そのうえ、週に何度かウォーキングを1時間ほどしています。

 

筋肉が疲労した状態でウォーキングをすると、さらに筋肉はますます疲労しちゃいます。

 

疲労した筋肉は、硬くなり、柔軟性を失います。

その柔軟性がなくなって硬くなった筋肉を、さらに酷使すると、ある時『ズキッ』となるわけです。

 

これが腰痛やぎっくり腰です。

カイロプラクティックに通ってるのに、どうして?と思いますよね。

 

それはカイロプラクティックでは、基本的に筋肉をほぐしたりしないからです。

骨のゆがみを整えて、神経の働きを正常に戻したりするんですが、筋肉へのアプローチはしません。

 

だから、筋肉はガッチガチのままなんです。

 

それでは、またすぐ痛くなっちゃいますよね。

 

この方も、今まで、筋肉が硬くなっているなんてこと知らなかったし、気にしたこともありませんでした。

 

お尻の筋肉と太ももの筋肉の硬くなっているところを丁寧にほぐすと、それだけで腰の痛みがなくなりました。

 

痛いのは腰なんですが、施術では腰はほとんど触っていません。

原因は腰にはなかったんです。

 

この日は、アメリカからの一時帰国のタイミングで来院してくれました。

次に帰国するのは、2年後ということなので、セルフケアの方法をみっちりお伝えしました。

 

通常は、お伝えする内容は1つか2つ程度にしています。

だって、そんないくつも覚えられないし、多すぎると面倒くさくてやらなくなりますから。

 

でも、この方の場合、次は2年後になちゃうし、すごいやる気満々なので、てんこ盛りでレクチャーさせていただきました。

 

お伝えしたことが、ちゃんとできれば、ぎっくり腰なんて卒業です!!

 

2年後の帰国で、お会いできるのを楽しみにしています!

 

前にかがむと腰が痛い 原因とは