四十肩・五十肩 シャツを着る動作が痛い

症例・症状ブログ

もともと腰痛の治療で来院されていた男性。

 

腰痛が良くなってきたある時

『実は、シャツを着る時などに、肩が痛い』ということでした。

 

しかも、痛みが出始めたのは30年ほど前。

当初は、夜中に痛くて目が覚めることもあったようです。

そのころに比べると、ずっといいですが、それ以来、一定の痛みは残ったまま生活されています。

 

今までにも、鍼や整体、マッサージなどなど、いろいろ治療をしてきたようですが、やってもたいして変わらないと。

 

ということで、この日は腰と肩の治療です。

まずはチェックから。

 

すると、肩の関節の動き自体は、それほど悪いようには思いません。

それよりも、肘の周辺に硬さがあります。

 

筋肉でいうと、腕橈骨筋や橈側手根屈筋などです。

 

この筋肉の硬さのせいで、腕の動きに制限が出て、結果として肩に痛みが出たと考えられます。

その場合、いくら痛みを訴えてる肩を治療しても、一向に良くはなりません。

 

肘から手首までをポイントに施術したところ、先ほどあった肩の痛みがまったく無くなりました。

 

これにはご本人もびっくり!

 

よくよく伺うと、趣味のゴルフに原因がありそうです。

ゴルフの構えをしていただくと、今回治療ポイントとなった筋肉が、ギュッと硬くなります。

もちろん、ゴルフのスイングに必要な筋肉ですが、この方の場合は必要以上の力が入っています。

 

ですから、ゴルフをすればするほど、この筋肉は硬くなり、結果として肩の痛みにつながっていました。

 

今後の課題としては、いかに左腕を脱力してスイングできるかにかかっています。

 

今回は、肩関節自体の拘縮(関節が動かない状態)がなかったので、痛みがすぐになくなりました。

肩関節に拘縮があると、ここまでスッキリとはいきません。

 

しかし、今回のように、肩の痛みの原因が肩関節ではないことは、少なくありません。

その場合、いくら肩関節のインナーマッスルを治療しても、エクササイズして鍛えても、効果はありません。

 

病院のリハビリやに通っているが、いつまでも痛みがとれないという方は、名古屋市本山のテソラ治療院にご連絡ください。

 

 

四十肩・五十肩になったら、やっていはいけないこと