『膝を伸ばすと痛い』の原因

症例・症状ブログ

膝の痛みがある方の症例です。

 

40代の女性で、数か月前からスポーツジムに通っています。

先日、インストラクターさんに勧められて、トランポリンのレッスンに参加されました。

 

レッスンが終わったころには、膝に違和感が出てきました。

そして、1週間以上経っても、膝の痛みがとれません。

 

立った姿勢で、膝をグッと伸ばそうとすると、一番痛みを感じます。

 

 

いくつかチェックをさせていただきました。

そして、施術開始!

 

まず、足首の調整から。

足首に負担がかかっていたので、それを治していきます。

 

すると、これだけで、膝の痛みが半分以上なくなりました。

 

あとは、太ももの内側の筋肉、すねの外側の筋肉の硬くなったところをほぐしました。

 

そして、もう一度膝の痛みの確認です。

 

この段階で、膝の痛みはなくなりました。

 

この方の場合、足首がポイントでした。

足首の動きが正常でないと、運動した際、すねや太ももの筋肉にも負担がかかります。

その負担が繰り返されると、膝に痛みが出やすくなります。

 

まして、トランポリンですから、飛んだり跳ねたり、負担は何倍にもなります。

 

過去の捻挫や、足首の硬さの左右差、靴の底の減りやすい方などは、運動を始める前に、身体のメンテナンスが必要ですよ。

 

それが、ケガの予防につながります。

 

運動をはじめたら膝が痛くなってきたという方。

ぜひ、マッサージ・整体のテソラ治療院にお問い合わせください。

 

膝の痛み 『膝に水がたまった時はどうするの?』