足首の捻挫  (南区 10代 女性)

症例・症状捻挫下半身

 

今回は、バスケットボールをしている高校生の症例です。

 

 

  

何回か捻挫を繰り返しているようですが、一週間前に再びの捻挫です。

 

 

 

来院して来られた時点では、足首がパンパンに腫れており触ると熱をもっている状態でした。

 

 

 

炎症を起こしており、足首を動かすと、痛みを訴えます

 

  

 

話を聞くと、一ヶ月後高校生活最後の大会が始まるのだそうです。

 

 

 

 

なんとか大会に間に合うようにしなければいけません!

 

 

 

 

 

炎症を抑えるため、まずはアイシングで、患部を徹底的に冷やします。

 

 

 

その後、足首の負担を減らすように、調整テーピングをして、この日は終了です。

 

 

 

アイシングは、家でもやっていただくようにお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

一週間後の来院では、腫れや熱感も無くなり、炎症が引いていました

 

 

 

痛みも半分くらいになっていました。

 

 

 

まさに、アイシング効果です。

 

 

 

 

 

この日は、硬さの見られる足首の筋肉(短腓骨筋・前脛骨筋・後脛骨筋)の緊張を和らげるように施術しました。

 

 

 

すると、施術後は、痛みがなくなりました

 

 

 

ジャンプをしても大丈夫です。

 

 

 

 

  

 

 

大会の2日前、メンテナンスのために来院。

 

 

 

 

前回施術した足首の筋肉に硬さが出てたので、しっかりほぐしておきました。

 

 

 

 

 

 

 

後日、親御さんに伺うと、試合は全力でできたということでした。

 

 

 

残念ながら、勝ち進むことはできなかったようですが。

 

 

 

 

 

捻挫の後には、足首を動かさないように固めて歩くため、筋肉に硬さが出てきます。

 

 

 

炎症が引いても、痛みがなかなか消えない原因は、ここにあります。

 

 

 

 

 

 放っておくと、膝や腰など、他の部分にも負担がかかるようになりますから、気を付けてくださいね。