ひどい片頭痛を改善

症例・症状ブログ

当院では、アレルギー・過敏症でお悩みの方に対して、症状緩和の施術を行なっています。

 

片頭痛がひどいという男子大学生の症例です。

 

昔から片頭痛がひどく、頭痛がおこる前に必ず、視野が狭くなるような、眼の奥が締め付けられるような感覚があるそうです。

 

頭痛がおこる前に感じるこれらの自覚は、前駆症状といいます。

人によっては、この他にも、目の前がチカチカする場合や、においに敏感になるなどもあります。

 

ゴルフ部で頑張っている彼は、今までも試合中に症状が出ることもあり、パフォーマンスにも影響が出て困っていました。

 

チェックすると、気圧の急な変化が頭痛の原因のようでした。

雨の降る前などですね。

 

施術は2回に分けて行いました。

1回目の施術で、まず頭痛の前駆症状が出なくなりました。

そして、2回目の施術で、あれほどひどかった頭痛が気にならない程度になりました。

 

コロナも落ち着いてきたので、大学のある東京に戻るということで、施術は一旦終了。

梅雨時期、試合時など、また頭痛が起きないか観察を続けてもらうようお願いしました。

 

 

頭痛で悩むお客様は本当に多いです。

 

筋肉のコリが原因であれば、指圧・整体深層筋オイルマッサージで対応できます。

でも、片頭痛は、筋肉の問題ではありません。

 

そういう場合、こちらのアレルギー・過敏症の治療をおすすめしております。

 

実際、多くの頭痛の症状が改善しています。

 

何をしても改善されない、

薬を飲むしかない、

薬を飲んでも効かない、

天気が悪いと出てくるからその時だけ我慢するしかない、

など、改善されない頭痛があれば、一度ご相談ください。

 

頭痛は、大体1~2回の施術で効果が出ることが多いです。

そして過敏症によっておこる頭痛からは、その後も長期的に解放されますよ。