四十肩・五十肩 寝ていて肩が痛いときのおすすめの方法

症例・症状ブログ

四十肩・五十肩になると、【夜間痛】といって、『夜寝ていて肩が痛くなる・痛くて目が覚める』ということがあります。

 

こういう場合に、痛みが和らぐ【おすすめの寝方】があります。

参考にしてみてください。

 

仰向けで寝ていて痛い

上を向いて寝ているときに肩に痛みが出るという場合は、これ!

【バスタオルを肩か肘の下に敷く】です。

順番にみていきましょう。

肩の下にタオルを敷く

四十肩・五十肩になると、仰向けで寝たときに、肩が浮いてしまいます。

本当は下の写真のように、肩とベッドの隙間がないのがベスト。

 

この隙間が痛みの原因になることがあります。

だから、バスタオルでこの隙間を埋めてあげましょう!

バスタオルの高さは、敷いた感覚で調節してください。

高くしたいときは、バスタオルを折ったり、二枚使ったりするといいですよ。

肘の下にタオルを敷く

肩と肘の位置関係で、肘が肩より身体の後ろ側にくると痛みが出やすくなります。

肘を後ろに引くような状態ですね。

 

そして、寝ている姿勢では、肩が浮いている分、肘が身体の後ろ側にきてしまいます。

それが痛みを出している場合は、肘の下にバスタオルを敷いてみましょう!

そして、手はお腹の上に置くようにしてみてください。

どうでしょうか。

これで、少しは痛みが和らぐとポジションが作れたと思います。

 

寝ていての痛みがとれないと、症状がなかなか改善していきません。

まずは、【痛みなく寝ることができる】を目指しましょう!!

 

四十肩・五十肩 夜間痛がある時に注意すること