外反母趾で『しゃがむ時に足の親指が痛い』

症例・症状ブログ

外反母趾の方って多いですね。

 

原因として、ハイヒールなどつま先の細い靴を履くからだっていいますが、けっしてそればかりじゃないです。

ヒールを履かない人でも、外反母趾になっている人は、たくさんいます。

 

そして、同じような外反母趾の人でも、痛みを感じていない方もいます。

一方で、歩く動作・しゃがむ動作をするときに、親指の付け根が痛くなる人も。

 

この『親指の付け根の痛み』、足だけではおさまりません。

この痛みをかばっていると、いつのまにか、反対側の膝や腰が痛くなること少なくありません。

ですから、痛みがある方は、早めの治療が必要です。

 

では、痛みがある人はどうしたらいいかを解説します。

 

外反母趾になっているということは、足の親指の関節が正しく動いていません。

いつも捻じった状態で使っていることになります。

それが痛みの原因になります。

 

ですから、しゃがむ時は、捻じらないように意識する必要があります。

これは絶対です。

 

もしこの癖を続けると、変形はどんどん強くなっていきます。

 

 

このしゃがみ方を変えることに併せて、治療(マッサージも含む)も必要です。

 

親指の関節を捻じって使っているため、周囲の筋肉・組織も負担がかかっています。

負担がかかり、硬くなったところを、ていねいにほぐしていく必要があります。

 

この二つができれば、痛みはやわらいでいきます。

 

足の親指の付け根が痛いという方、一度、テソラ治療院にご連絡ください。

 

足指の付け根の痛み(中足骨骨頭痛)  テーピングの方法をご紹介