ランニングによる膝の痛み【腸脛靭帯炎】 

症例・症状膝痛下半身

 

この冬も、ランニングする女性をよく見かけますね。

 

 

名古屋では、もうすぐ、一大イベントである『名古屋ウィメンズマラソン』が開催されます。

 

 

あまりの人気のため、エントリーできなかったという話も聞きます。

 

ウィメンズマラソン.jpg

 

 

 

今回は、そのフルマラソンに初めて挑戦する方のケースです。

 

 

この方は、11月からランニング教室に通い、コーチの指導を受けながら、コツコツ練習を続けています。

 

 

 

 

 

捻挫の治療や、肩こりで時々来院されていましたが、今回は左膝が痛いということでした。

 

 

この方、2日前にハーフマラソンに出場されました。

 

 

走ってるときは痛くなかったのだけれど、次の日になると痛みが出てきたようです。

 

 

 

 

 

屈伸などでの痛みはないのですが、歩いていて時々痛みを感じます。

 

 

あとは、患部を押さえると、痛みが出ます。

 

 

 

 

 

これは、膝のお皿の下にある、上脛腓関節に負担がかかっているのが問題です。

 

 

施術では、ふくらはぎの奥の固まっているコリをほぐします

 

 

すると、圧痛(押しての痛み)も歩いての痛み・違和感もなくなりました

 

 

 

 

 

今回走ったコースは、アップダウンが激しかったようです。

 

 

その分、普段走っている平地とは異なり、足に衝撃・負担も大きくなります。

 

 

それが、痛みにつながった原因ですね。

 

 

 

 

 

炎症はないので、これで大丈夫です。

 

 

 

 

 

来月は、30キロを走る予定のようです。

 

 

スゴイ!

 

 

ほんと、頭が下がります。