ヨガをする時の注意点

ブログ

 

最近、 『ヨガをした後に痛みが出た』という方が続いたので、このことについて書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

学生の頃と違い、年々身体を動かす機会は減っていきます。

 

 

そんな時、『身体のために』とウォーキングをしたり、走ったり、はたまたスポーツジムに通ったり・・・。

 

 

その選択肢のひとつとして、ヨガも人気がありますね。(特に女性には)

 

 

 

 

 

ですが、中にはこの『ヨガ』をしたことで、痛みが出る人がいるのも事実です。

 

 

では、どういう人がケガをするかお分かりでしょうか?

 

 

 

 

 

圧倒的に多いのは、『無理して頑張っちゃう方』です。

 

 

特に、初めてやる場合や久しぶりにやる場合、ついつい張り切ってしまいますよね。

 

 

だって、一番モチベーションが高いときですから。

 

 

 

 

 

インストラクターや周りの柔軟な方に刺激され、もう少し、もう少し、とやってるうちに、やりすぎてしまいます。

 

 

(ちなみに、僕もこういう経験があります・・・。)

 

 

 

 

 

本来、ヨガでは、呼吸のリズムなども大切にし、自分の身体の声に耳を傾けながら行うべきです。

 

 

意識するのは、『手が届くか届かないか』や『一人だけ硬くてカッコ悪いんじゃないか』ではなく、『どこが伸びているか』や『呼吸のリズム』です。

 

 

ですから、柔軟性のない方が、柔軟な方と同じようなポーズを目指して頑張ることに、意味はないんだと思います。

 

 

 

 

 

大人数で行われるヨガのレッスンでは、インストラクターも個々に合わせて指導するのは難しいです。

 

 

ですから、参加者はついつい頑張り過ぎてしまうんですよね。

 

 

これでは本末転倒です。

 

 

 

 

 

『どのヨガ教室がいいか分からない』という方。

 

 

まずは少人数の教室で、インストラクターが個々の柔軟性を考慮してくれるかを基準に選んでみてください。

 

 

yoga.jpg