痛みと天気の関係

ブログ

 

雨が降る前の日なんかは、身体の調子がすぐれないという声をよく耳にします。

 

 

特に、『以前痛めたことのある関節が痛む』という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

では、雨の前に、治ったはずの関節が痛みだすのはなぜでしょう?

 

 

 

それには、 痛みを感じるセンサー気圧の変化を感じるセンサーの2つが関係しています。

 

 

 

 

まず、『痛みを感じるセンサー』から解説しますね。

 

 

これは、皮膚の下にあり、からだ中に存在しています。

 

 

それが、ケガなどで炎症が長引いたり、神経が傷つくと、その場所のセンサーの数が増えるようになります。

 

 

つまり、その分だけ敏感になるということです。

 

 

 

 

次は、『気圧を感じるセンサー』について。

 

 

これは、耳の奥(内耳)に存在します。

 

 

ここで気圧の変化を感じると、脳に信号を出し、『痛みを感じるセンサー』を刺激します。

 

 

 

健康な状態であれば、この信号が出ても、痛みを感じることはありません。

 

 

しかし、ケガにより、新たにできたセンサーはこれを感じとってしまいます

 

 

 

 

ですから、古傷がある人は、シクシクとした痛みを感じ、明日の天気がわかるようになるんです。