『しゃっくり』とは。

ブログ

 

今日は、しゃっくりについて解説します。

 

 

 

患者さんとお話していて、しゃっくりの話題になりました。

 

 

 

地域性もありますが、しゃっくりの対処法も、いろいろ言われています。

 

 

 

『びっくりさせる』、『水を飲む』などが一般的でしょうか。

 

 

 

 

 

では、そもそも、しゃっくりとはなんでしょうか。

 

 

 

ズバリ、『横隔膜の痙攣』です。

 

 

 

 

呼吸の際に働く『横隔膜』が収縮し、さらに声門(声帯のすきま)閉じることが、同時に起こるとしゃっくりになります。

 

 

 

 

 

これを抑えるには、横隔膜に関係する神経(横隔膜神経)へのアプローチが効きます!

 

 

 

 

首の後ろ側にそのポイントがあります。

 

 

 

 

自分でやる場合には、『のどぼとけ』を確認し、そのちょうど裏側を触ってみてください。

 

 

 

 

 

そして、そのあたりを押しながら、上を向いてみてください。

 

 

 

 

 

ポイントがあっていれば、かなりの確率で、止まりますよ!