正しいマスクの使い方

ブログ

新型コロナウイルスの影響もあり、街中でマスク姿の方を見かけます。

でも、マスクって正しく使わないと効果がないんですよ。

 

正しく理解し、予防していきましょうね。

 

マスクの裏表

まずは、マスクの裏と表について。

これ、以外と間違っている方が多いです。

 

そういう私も、先日まで間違って使ってました。

治療院に来られている内科の先生に教えてもらって、初めて気づいた次第です。

 

ゴムがついている側が、表面に来るようにします。

こうすることで、横に隙間ができにくいですね。

 

よく見ると、箱にも説明書きがありました。

 

街ですれ違う人を見てみると、かなりの確率で反対に使っていますね。

 

マスクを手で触らない

マスクをするのは、飛沫感染を防ぎたいからです。

でも、マスクをするだけではダメなんです。

 

飛んできたウイルスは、マスクでブロックしてくれます。

それは、つまり、マスクの表面に付着しているということ。

 

それを手で触っちゃうと、手にウイルスが付いちゃいます。

 

で、そのまま物を食べたり、眼をこすったり、鼻をほじったり・・・。

これで、感染しちゃうんですね。

 

先日も、前から歩いてくる女性が、マスクをアゴにずらした後、マスクを触った手でお菓子を掴んで食べていました。

 

よくある光景ですが、それはダメっていうこと。

 

じゃあ、どうやって外すか。

ムのところを持つようにして外すと良いそうです。

で、表面は触らない

 

咳が出たら、必ずマスク

飛沫感染を防ぐためには、咳をする側の人間の行動が大切です。

 

感染したら、もしくは風邪をひいたら、必ずマスクをする。

マスクをしていれば、外にウイルスが飛び散りにくいですから。

 

まとめ

マスクをしていても、完全に防げるわけではありません。

だって、ついマスクを触っちゃうし、その都度、アルコール消毒するわけにもいかないし。

 

だけど、正しい使い方を知ってるって大切です。

ぜひ、ご家族や友人にも教えてあげてください。

 

そして、マスクも大切だけど、なにか物を食べる前には手洗いをしっかりし、睡眠を十分にとって免疫力を落とさないこともとっても大切です。

 

新型コロナウイルスの脅威を乗り切りましょう!!